GNYMDS

仕事の宣伝や作業上のメモ、個人的な創作活動について書いています。

はじめてのフルデジタル漫画制作(クリスタ)

拙作「19時半から打ち合わせ」第49話「秋の恋は文学から」が10月末に公開されました。

最初から最後まで無料で読めますので、おひまつぶしにしていただければ幸いです。

さて今回、はじめて、トップページのカラーイラストから本文の漫画制作まで、すべてをデジタルだけで行いました。違和感なくお読みいただけたでしょうか。

・第48話 ペン入れまでアナログ、仕上げデジタル

・第49話 フルデジタル作画

カラーイラストについては、すでにフルデジタルだったのですが、漫画本文については「鉛筆まんが」という体裁もあり、ペン入れまではアナログ制作を続けていました。(ペン入れというか、鉛筆入れというか…。)

コピー用紙を分割スキャンして、仕上げ(文字入れ、ベタ、トーン)をクリスタで行うという作業工程です。

gnymds.hatenablog.com

ただ、去年くらいから原稿を「きつい」と思うことがふえており、
「スピードアップになるかも」
「新しいことに挑戦したら気分が変わって、きついと感じなくなるかも」
という期待から、第49話ではひっそりとフルデジタルに挑戦してみました。

結果、挑戦してみて本当によかったです。「作画だけ」に集中できると、こんなにストレスフリーなのかあ〜! と実感しました。上下に分かれた原稿を結合したり、細かいゴミをとったり、グレスケ調整して2値化したり…というのは完全に「作業」で「作画」ではないので、やらなくていいならやらない道を選んだ方がストレスが減ると思います。

作画すら楽しめなくなるなんて…と結構本気で辛かったので、液晶タブレットには感謝しかないです。ほんとに買ってよかった〜!!

gnymds.hatenablog.com

一方、はじめてのフルデジタル漫画制作ということで、個人的に詰まったところもたくさんあったため、それらをメモしておこうと思います。

「おいおい、もっとうまいやり方があるぜ」というケースが多々あるかと思いますので、ただの手の込んだ日記として読んでいただくのがちょうどいいところです。

なお当方の作業スタンスとしては、「必要最小限を最大限活用する」という使い方をすることが多いです。

 

 

コマ割り(枠線引き)

「フルデジタルってコマ割りどう描くの?」

これが最初のお困りごとでした。

原稿に対して水平な線とか、隣り合わせは2ミリ幅・上下は5ミリ幅のコマ割り(コマの距離は人によって違います)とかをどうやって引くのかさっぱりわかりませんでした。それよりまずPhotoshopの直線を引くショートカットがクリスタでは効かないと気づき、軽めに挫折しました。十字方向の直線しかひけない。

とりあえず手元の45cm定規を液晶タブレットの上に置いて線を引こうとするもダメだ原稿が原寸じゃない!詰み。 

 

コマフォルダー

「たしかクリスタはコマを、長方形の図形をオートシェイプで作るように描画できたような。ツイッターで見たことある」と思い、探し当てたコマフォルダー。それこそオートシェイプを使うようにコマをひとつ作ると、コマ専用フォルダーが自動で作成され、中に描画用のレイヤーも作成されます。そのレイヤーに絵をいれていけば、コマからはみ出さずに描くことができます。

tips.clip-studio.com

フォルダーがとても増える…と思いながらも数ページは活用していたのですが、だんだん初心者の手には負えなくなってきました。

「19時半〜」内では、劇中劇のシーンはコマを角丸にする、という作画ルールを実施しています。もちろん設定でコマを角丸にはできるのですが、コマ枠移動すると角丸だけとりのこされてビヨーンとコマが変形してしまうので、この修正に手間取る。

さらに「コマをぶちぬきたい」と思ったとき、このコマフォルダーをどうやったらぶちぬけるのかわからず、手が止まりました。

そこでググって、クリスタ公式掲示板で知ったのが特殊定規です。

 

特殊定規

「好きな角度で直線が引きたい」という当初の欲望を叶えてくれるのが、特殊定規の平行線です。

tips.clip-studio.com

この定規はつけたり外したりできるので、アナログで直線を引いているときのような使い勝手で使うことができます。

コマ上下左右の余白幅は、原稿を拡大してルーラーを参照、アナログと同じように距離を測ることにしました。

コマフォルダーのように「コマからはみ出さない」という恩恵は受けることができませんが、逆に言うとコマをぶちぬきたいときも対応が簡単です。(別のレイヤーに描くとか、枠線を一部消すとか)角丸にしたければ角を決して手で丸く線を引けばいいし、好きなブラシで直線を引くことができるので、原稿の雰囲気作りにもお役立ちです。

というわけで、私にはこの特殊定規で枠線を引くのがしっくりきています。ありがとう特殊定規、掲示板で有志回答をつけていたお方。リンク貼りたかったんですがページがわからなくなってしまった…。 

すごくよく使うので、定規だけ引っこ抜いてサブツールの棒に貼り付けておきました。わあい。

f:id:gnymds:20191109234935j:plain

 

ブラシ

描画するときのペン先をどうするか問題です。「19時半〜」は一応「鉛筆漫画」ということになっていますし、いきなり作画が変わっても読んでいる方がびっくりしてしまうので、なるべく「これまでの作画と変わりないような鉛筆ブラシ」を探しました。

それで今回、こちらのセットに入っている「モノクロ下描き鉛筆5」を使わせていただきました!

assets.clip-studio.com

その名の通り下書き用に作成されたようなのですが、本番に使わせていただいています。おかげ様で違和感ない原稿にすることができました。

ツイッター上では、漫画描きさんたちが愛用しているブラシを紹介するタグ#オススメペンというのがあり、とても参考になりますので、ブラシ探ししている方は見てみると楽しいかと思います。

#オススメペン - Twitter Search

 

ふきだし

ふきだしツールがあるということは、クリスタを触っていて気づいていたので、まず最初はこれを使ってみていました。Officeツールのオートシェイプみたいに図形と写植が一体化するので、同人誌などで描くだけ〜という方はこれで万全だなと思います!

フキダシをつくろう!-フキダシツールの使い方- "フキダシ・テキスト #4" by ClipStudioOfficial - CLIP STUDIO TIPS

でも自分の場合、セリフは結局 取引先が打ち直すので、別レイヤーにしないといけなかった…。これはナレーション枠も同様。あともっと自由なかたちにしたいな〜とも思いました。

なので結局、ふきだしは手書きしております。

 

集中線、効果線

集中線ツールやうにフラはときどき使っていたのでなんとなく使い方わかる! 便利! さらに「やっぱ便利」と思ったのは、

1 集中線ひく

2 選択範囲外をマスク

3 集中線ひきたいところをバケツツールでぬる

という手順をふむと、うまくはみ出さずに効果線を入れることができる点です。自分がトーン塗るときと同じ手順です。

下の画像の2コマ目のようなやつです。

f:id:gnymds:20191110003358j:plain

まだよくわかってないのは、好きなペン先で効果線引くことはできないのか? という点です。でも特殊定規を引けばこれも好きなペン先で線がひけるのか。ひいたあとマスクして塗っていけばはみ出しなく使えるのかしら。でも自動の集中線ツールのペン先を切り替えられたほうが便利だな〜。

 

追記:ブラシを集中線に適用させる

集中線にブラシを適用したいよ〜と言うだけ言って転がっていたら、知り合いの方に教えていただきました!!ありがとうございます!!

 

まず使いたいブラシを登録しておく。

h1ghcontrast.com

 

そして「ブラシ形状を適用」ボタンを押すと

tips.clip-studio.com

 

f:id:gnymds:20191116121502j:plain

できた!!

次の原稿ではこれで集中線を引き放題! ウニフラも鉛筆っぽくできます。ありがとうございました!! 嬉しい・・・