液晶ペンタブレット「cintiq16」を半年使った感想

2019年6月ごろにcintiq16を購入して、だいたい半年くらいが経ちましたので、使ってみた感想を箇条書きにですが残しておこうと思います。

 

使用しているモデル

以下のものです。

【Amazon.co.jp限定】ワコム 液タブ 液晶ペンタブレット Wacom Cintiq 16 FHD ブラック アマゾンオリジナルデータ特典付き DTK1660K1D

【Amazon.co.jp限定】ワコム 液タブ 液晶ペンタブレット Wacom Cintiq 16 FHD ブラック アマゾンオリジナルデータ特典付き DTK1660K1D

 

何に使っているか

WEBで毎月1回・10ページ前後の漫画連載をしているため、その原稿をcintiq16で描いています。あとは趣味のお絵かきです。

 

使用環境

機種:iMac(Retina 4K, 21.5-inch, Late 2015)
OS:Mojave10.14
HDMIとの接続:Thunderbolt 2 ※

※iMacとの接続には変換ケーブルを使用しています。半年使いましたが、一度も問題なしです。接続の詳しい状況や、実際に購入したケーブルについては、以下に記事を残しています。(記事時点から環境に変更なしです)

gnymds.hatenablog.com

 

購入前に心配だったこと

購入前に心配していたことは以下の通りです。これらのことが心配で、実際に動かす様子の動画を漁ったり、新宿のワコムストアに行って触ってみたりと散々迷っていました。

結論としては、自分にとっては全て問題なかったな〜と思います。

なお購入に踏み切ったのは、以下の悩みのどれかが解消されたからと言うわけではなく、「今後さらにデジタル化がすすむ今の時代のことを考えたら、購入しないという選択肢はない」と判断したからです。

 

遅延

原稿を描いていて「遅延がストレスだ」と思ったことは一度もありません。

店頭などの試し書きでサッ!サッ!と線をひくと、アナログで描いてたのから比べれば「少し遅れる」と思ってしまうだろうと思います。

ただ、実際に原稿をやってみて気づいたのですが、自分は店頭で試し書きをしたときのような高速で線をひくことはほぼありませんでした。

 

視差(ペン先のずれ)

あるかないかでいうなら、わずかにあります。ただし、慣れると気になりません。

開封した直後は、「ペン先」と「ポインタ」のずれに目がいきがちでしたが、ペン先ではなくポインタを見るようにくせをつけることで、視差は気にならなくなりました。 

 

解像度

私の使っている機種は「iMac(Retina 4K, 21.5-inch, Late 2015)」なのですが、これに比べるとcintiq16のほうが解像度は低いです。(ちょっとジャギジャギする)

ただ、絵を描くにあたっては、私は「ちょっとくらい解像度が低くてもいっか」と感じました。本ディスプレイに写して様子を見ることもできること、描いているうちに目が慣れてしまうので気にならなくなるのがその理由です。

 

2画面かミラーリングか

私はミラーリングで使用しています。

ネットで画像検索した資料を見てもいるので、本来なら2画面にしたほうが便利なんだろうなと思うのですが、

  • ポインタの画面移動距離が長くて面倒
  • 本ディスプレイでの見え方を確認したりするとき2画面だと面倒

なので、結局ミラーリングに落ち着いています。これは作業者のお好みですね。

 

目悪くなる?

購入してから視力検査していないのでわかりません…。

もともとめがねですが、「めちゃくちゃ視力が落ちた」という実感はありません。原稿をするときしか見ないので、専業の作家さんよりはずっと液晶タブレットを見ている時間が短いせいでしょうか。

液タブを気にするよりも、スマホを見る時間を減らした方が、目にはいいような気がします。

 

ペンスタンドあるの?

スタンドはありません。

でも、液タブの右脇にホルダー(というのか?布製のわっか)が付いており、そこに挿しておきます。

なお板タブの置き型スタンドにはペンを挿せませんでした。(うまくフィットしない)

f:id:gnymds:20191231115411j:plain

 

ペンをひっくり返すと消しゴムモードになる?

なります。筆圧感知もします。

 

ペンのお尻って何かボタン?押せるの?

ボタンじゃないようです。

たしかに押すとちょっとだけ沈みますが、筆圧感知用なのかもしれません。

 

ペン先の摩耗

半年描いて、あまり摩耗している感じはしません。

ただ私はもともと、板タブレットのときも「摩耗したなあ」と思わなかったので、個人差が大きいところかなと思います。

 

cintiq16にも替え芯は付いているの?

ついています。マニュアルのペンホルダーの説明に記載がありました。

ペンホルダーは引き抜くことができ、そこに替え芯も収納されています。

f:id:gnymds:20191231115411j:plain f:id:gnymds:20191231115421j:plain f:id:gnymds:20191231115439j:plain f:id:gnymds:20191231115524j:plain

 

ショートカット等はどうしているか

キーボードの左端を少し出しておいて、そこで使っています。(でも左利きの人にはこれでは対応できませんね…) 

f:id:gnymds:20191231120314j:plain

 

また、cintiq16を導入するといっしょにインストールされる「Wacom desktop center」から、ペンのボタンに自由にキーを割り当てることができるので、大きいボタンにマウスの右クリック機能を、小さいボタンに「ctrl+z」を割り当てております。

f:id:gnymds:20191231121100p:plain f:id:gnymds:20191231121102p:plain

 

(おまけ)Amazon限定版の特典のブラシデータについて

購入するとAmazonから特典ダウンロードキーと、ダウンロードページのメールが届きます。そこからダウンロードできます。

ブラシデータの内容は和風の装飾ブラシです。年賀状などで和風の絵を書くときの装飾に使えますよ。 

 

実機を触りたい場合

家電量販店にも置いているところがありますが、確実なのは東京都新宿のワコムストアです。

tablet.wacom.co.jp

ほかには、コミックマーケット(コミケ)などにwacomが出展し、実機の体験ができるようになっていることがあります。同人イベントによく出かける方は、こちらをチェックするのもいいですね。

 

 

買ってよかったか

よかったです!

実はcintiq16を購入する前の1〜2年ほどは、原稿を描くことをつらく感じていました。手は痛むし、疲れるし、きつい、だから楽しくない、というところが大きかったです。

しかしcintiq16を導入しフルデジタルにしたことで、これまでは気づいてすらいなかった「無駄な作業」を排除できるようになりました。無駄な作業とは、

  • のりやはさみでネームを切り貼り
  • ノートをスキャンして先方に送る
  • 修正あればスキャンしなおし
  • 下書きをトレス台で透かして清書
  • 清書した原稿を分割スキャン
  • 分割スキャンデータの結合、ファイル名変更
  • 手作業で画面上のゴミとり、明度調整、2値化
  • 描いた紙を捨てる
  • 不足した筆記用具を買ってくる

などです。

こういった、ただの「作業」をすべて無くし、純粋に「原稿を描くこと」だけに集中できるようになり、再び「絵を描くの楽しい」と思えるようになりました。

これが本当に嬉しかったです。

 

【Amazon.co.jp限定】ワコム 液タブ 液晶ペンタブレット Wacom Cintiq 16 FHD ブラック アマゾンオリジナルデータ特典付き DTK1660K1D

 

【Amazon.co.jp限定】ワコム 液タブ 液晶ペンタブレット Wacom Cintiq 16 FHD ブラック アマゾンオリジナルデータ特典付き DTK1660K1D

私が買った時は66,634円だったのですが、記事執筆時点で59,498円まで下がっていました。

 

【アウトレット】Wacom Cintiq 16 (DTK1660K0D) ワコム 液晶 ペンタブレット 送料無料

価格:62,700円
(2020/1/5 23:11時点)
感想(6件)