FF7リメイク楽しみ

FINAL FANTASY 7 REMAKEが楽しみ。

 

www.youtube.com

小学生のとき発売されたFF7を延々とプレイしていた身としては、やはりPVを見てしまうと「買わねば」と思ってしまう。さっきプレイステーションストアで予約注文をかけてきた。

わたしの推しはヴィンセントだけど、今回の第一部では出てこないんだよなあ。全部で第何部なのかなあ。推しが出てくるまで続いて欲しいなあ。

 

www.youtube.com

先日、体験版もプレイしてみた。(プレイステーションストアでダウンロードできるよ)

ATB(アクションタイムバー)によるコマンド入力式の「いわゆるRPGゲーム」的な戦闘が、鬼画質のアクションバトルになっていた。キングダムハーツでアクションRPGの楽しさに目覚めた身としてはとってもうれしい。

また、仲間がいる場合は、操作キャラクターを切り替えることができるのも嬉しい。原作のFF7は物語の進行上、リーダー=操作キャラクターが別のキャラクターになるシーンもちょいちょい出てくるが(パーティが別行動しているなどで)、FF7リメイクはしょっぱなから操作キャラクターを切り替えることができた。遠方の攻撃には銃が武器のバレット、地上戦は大剣のクラウド、など細かく切り替えながら操作ができる。

これが楽しい。そしてこれで推しを操作できる、ヴィンセントのマントをひらひらさせながら歩かせたりかっこよく戦闘させることができるようになるのか、と思うと、祈りを込めて予約注文せざるをえない。お前を一番強くしてやるぞ。

また、アクションRPGだけあって、FF7リメイクではバトルと通常の移動がひとつながりで、シーン切り替えがないのもかっこよかった。すこぶる美しいゲームの中でド派手に攻撃してくれるかつての推し、たぎらないオタクいるのだろうか。

FF7リメイクはついに4月10日発売。ひきこもって、一人でどっぷりひたりたい。ゲームって、物語って、一人で向き合うものだと思う。時間を確保して、孤独になって、その中に入っていきたい。

 

ファイナルファンタジーVII リメイク【Amazon.co.jp限定】オリジナルPS4用ダイナミックテーマ 配信 - PS4